« 南京事件に関する報道 | Main | アテネ五輪・野球で銅メダル! »

August 25, 2004

アテネ五輪・野球日本代表チーム準決勝敗退

アテネ五輪・野球日本代表がオーストラリアに負けた。

今回のオリンピック、野球に関しては他の競技と少し趣が違った。前々回まではアマチュアのみ、前回はプロアマ混合だったのだが、今回は完全にプロのみ。金メダルを獲るためのチーム編成だった。選手、監督、コーチの重圧は並大抵のものではなかっただろう。現に長嶋氏は脳梗塞で倒れた。また、そのことが更なるプレッシャーを選手たちにかけたのではなかろうか。

昨日の試合、松坂のピッチングは完璧だった。シーズン中でもそうそう見られないくらいの出来だっただろう。しかし、打線は違っていた。相手が日本をよく知るオーストラリア(キャッチャーは元中日のディンゴ、抑えは現阪神のウィリアムズ)だったこと、相手ピッチャーのピッチングの上手さ、そして選手たちに圧し掛かったプレッシャーなどが相俟ってまったく打てなかった。

しかし、一野球ファンの私は言わせてもらいたい。選手たちはとても一生懸命だった。確かに悔しい思いはしたが、堂々と胸を張って欲しい。そして今日の三位決定戦で銅メダルを目指してがんばってくれ、と。

今回のオリンピックの野球は、最近のゴタゴタ続きのプロ野球よりも数倍面白かった。選手たちも何か原点に戻ったかのように活き活きとプレーしていたようにも感じられた。だから、どの試合も観ていて非常に面白かった。非常に残念なのは、オリンピックの期間中もいつも通りにプロ野球のペナントレースを続けていたことだ。休止期間にして全面的に五輪代表をサポートしてあげれないものだろうか。このあたりが、プロ野球からファンがどんどん遠のかせてしまっている原因なのではなかろうか。


|

« 南京事件に関する報道 | Main | アテネ五輪・野球で銅メダル! »

Comments

オリンピックでその投球するなんてもったいない。
早く日本に帰ってきて西武戦でその投球をしてくれよ、松坂。

それにしても阪神のピッチャー同士がオリンピックで投げ合ってるのが
妙に笑えた。
世界規模での紅白戦かよ。

Posted by: naomix | August 25, 2004 09:57 AM

ペナントレースとオリンピックじゃ一試合の重みが違うんでしょうな。負けられないっていう意味じゃ甲子園の雰囲気に近いんじゃなかろうか。ピッチャーなんて気持ちの持ちようでがらっと変わるからね。

Posted by: えふ | August 25, 2004 12:23 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アテネ五輪・野球日本代表チーム準決勝敗退:

« 南京事件に関する報道 | Main | アテネ五輪・野球で銅メダル! »